読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦保険スタッフブログ

主に保険のポイント、お役立ち情報等を発信しています。尚、ブログは初心者の模様(笑)

原付バイクの自動車保険の必要性

f:id:nishikihoken:20170208192618p:plain
皆様こんにちは。

今回のブログから冒頭に「今日は何の日」ということで、その日にあったことや記念日などを書いていきます。特に大きな意味はございませんが、
「へー、そうなんだぁ」って感じで読んでいただければと思っております。

第一回目の本日2月8日は「〒マークの日」です。

このマークになった経緯については諸説あるようですが、一般的な説としては、1887年(明治20年)、逓信省(後の郵政省、現在の日本郵政公社)のマークが逓信の「テイ」に合わせて甲乙丙丁の「丁」に決定しました。
しかし、万国共通の郵便料金不足の記号「T」と紛らわしいことがわかり、6日後の14日に「テイシンショウ」の「テ」を図案化した「〒」の誤字だったことにして変更しました。
ちなみに、「〒」は日本国独自のものであり、海外で郵便記号として利用することはできません。
それにしても...「丁」と「T」が似ていて紛らわしいことは、決定する前に分かりそうなものですよね(笑)



さて、先日お客様からこんなことを聞かれました。

「原付って自動車保険必要なの?」

自賠責保険バイクの大きさに関わらず、原動機付き自転車であっても必ず加入しなくてはなりません。
バイクを購入したバイク屋さんで加入して乗って帰るのが一般的かと思います。
原動機付き自転車は手軽に乗れるイメージですが、自賠責保険の加入が義務付けられています。


自賠責保険の補償は対人のみ!


自賠責保険は、契約している車両で人にケガをさせてしまった場合にのみ使える保険です。
つまり、「相手の車両や家などの物」「自分でバイクを運転していて単独事故を起こしてケガをした場合」これは補償されません。
あくまで契約者以外の被害者にのみ支払われる保険となります。
最近の事故では、死亡時や後遺障害時の賠償金が1億円を超えるケースも珍しくありません。
しかし、自賠責保険で支払われる保険金額には限りがあります。

・死亡:最高3000万まで
・後遺障害:第14級75万円まで~第1級3000万円まで(常時介護時は4000万円まで)
・傷害(ケガ):120万円まで

物に対しては補償が無い。しかも対人賠償も金額に上限がある...。
自賠責保険だけでバイクを運転するのはかなり不安な状況と言えます。

では、自賠責保険と任意保険の補償を具体的にまとめてみました。

・人への補償「対人賠償保険」
自賠責保険 〇(保険金に限度あり)
任意保険  〇(無制限)

・他人の車や家など物への補償「対物賠償保険」
自賠責保険 ×
任意保険  〇(保険金は任意で設定可能)

・搭乗している人への補償「搭乗者傷害保険・人身傷害補償保険」
自賠責保険 ×
任意保険  〇(同乗者は2人乗り可のバイクのみ)

自賠責保険は保険ですが、必須とも言える補償がほとんどついてませんので、決して安心できるものではありません。


■身体むき出しのバイクは大けがのリスクが高い!


どのようなケースであってもできれば事故は回避したいものです。
ましてやバイクは自動車と違って、基本的に体を守ってくれる車体は存在しません。

対人賠償もさることながら、自分(同乗者)が大けがしてしまった時、どこからもお金が出なければ治療費や生活費などで困ることになってしまいます。
そのために「搭乗者傷害保険」「人身傷害補償保険」などがあると考えていただければと思います。
安心してバイクに乗るためには「自賠責保険+任意保険」が基本と言えます。


■ファミリーバイク特約で備える手も!


任意保険は負担が大きい」という方におすすめなのが「ファミリーバイク特約」
同居の家族(本人含む)が自動車に乗っていて、任意保険に加入していれば、この特約を付けることができます。
(125cc以下のバイクが対象となります)
保険会社によって違いはありますが、新規で任意保険に加入するの比べて断然費用を抑えられるでしょう。

ファミリーバイク特約の特徴
・対人、対物に関して契約している自動車保険と同じ保険金額で補償される。
・特約に年齢条件が無いので、原付バイクを使う家族全員が補償される。
・所有バイクに制限が無いので、何台所有していても安心。
・ファミリーバイクで事故を起こし特約を使っても等級は下がらない。
・人身傷害(自分のケガ)は有り無しで選択。

つまり、車と原付に乗っている人、家族には絶対お得な特約なのです。
自分を含めた同居の家族が自動車を所有していて、原付バイクは自賠責のみという方は是非ご検討下さい。

大谷