錦保険スタッフブログ

主に保険のポイント、お役立ち情報等を発信しています。尚、ブログは初心者の模様(笑)

熱中症の予防と熱中症になった場合の対処法

f:id:nishikihoken:20170721133539j:plain

こんにちは。
 
連日暑い日が続きますね。
先日はものすごい雹が降ったりと異常気象はどんどんひどくなっている気がします。

先日、保険会社より「熱中症」に関する注意喚起がされていました。
ホントにこの時期は熱中症にかかる方が多いので注意してください。





熱中症って?

室温や気温が高い中で、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節機能が働かなくなり、体温上昇、めまい、体のだるさ、ひどいときには、けいれんや意識の異常など、さまざまな障害をおこす症状のことです。

家の中でじっとしていても室温や湿度が高いために、体から熱が逃げにくく熱中症になる場合がありますので、注意が必要です。
 





熱中症にかかってしまう人はどのくらい?

f:id:nishikihoken:20170721130244p:plain

参考:厚労省・人口動態調査


記録的な猛暑となった平成22年には、全国で1,731名もの方が熱中症で死亡しています。
その年は6~8月の平均気温が過去113年間で最も高くなりました。

f:id:nishikihoken:20170721130617p:plain

参考:総務省平成28年熱中症による救急搬送状


毎年、4~6万人前後の方が熱中症で救急搬送されています。





■日常生活でできる予防法



●直射日光を避ける

日差しが強い日の外出は、帽子をかぶったり日傘をさしたりして直射日光を避けるようにしましょう。
日陰を選んで歩くだけでも随分と違います。
また、暑い日の屋外スポーツは、なるべく涼しい時間帯に行うようにすると同時に、15~20分ごとに休憩をとって体の熱を冷ましましょう。


●こまめに水分を補給する

脱水症状を起こさせないためには、こまめな水分補給が重要になります。
運動前には250~500mlを数回に分けて、運動中は約20分ごとに1口から200mlほどの量を飲むようにしましょう。
また水分補給には、発汗によって失われた塩分を補うことのできるスポーツドリンクがおすすめです。
アルコールは尿の量を増やし、体内の水分を排出してしまうため、水分補給には適していません。


●普段から運動習慣をつける

熱中症は、体が気温の変化に慣れていないと起こりやすくなります。
日頃から運動で汗をかく習慣を身に付けておけば、暑さにも対応しやすくなり、熱中症にもかかりにくくなります。
発汗量の少ない季節から早めにウォーキングなどで暑さに備えた体づくりをしておきましょう。


●体温調節ができる服装を選ぶ

暑い日には、体温調節ができる服装を選んで出掛けるようにしましょう。
吸湿性や通気性の良い素材や、室内・外の気温に合わせて脱ぎ着がしやすいデザインのものが理想的です。
色合いは熱を吸収しやすい黒色系を避け、白色系のものを選ぶと良いでしょう。
また、スーツなどの首回りをネクタイや襟で締める服の場合は、襟元をなるべくゆるめて、熱気がこもらないようにしましょう。


●急に暑くなったときには運動を控える
急に気温が上がった日は、熱中症を起こしやすくなります。
暑さへの耐性は個人差がありますが、中でも暑さに慣れていない人、体調がすぐれない人、脱水気味の人、運動習慣がない人、子どもやお年寄りなど体力がない人、肥満体型の人などは熱中症を起こしやすくなりますので、運動を控えるようにしましょう。





■実際に熱中症になってしまった時の対処法

熱中症の重症度に合わせた応急処置か緊急処置をとる
熱中症重症度によって処置の仕方が異なります。自力で動けるような比較的軽症度であれば、すぐに涼しい場所へ移り体を冷やし、水分を補給することが大切になります。
この際、誰かが付き添って見守り、改善しない場合や悪化する場合病院での治療が必要になります。
自ら水分と塩分をとれないときや意識障害やけいれん、手足に運動障害がみられる場合には、すぐに病院へ搬送しましょう。


●比較的軽症度の場合

涼しい場所で、水分を補給する。
熱中症で具合が悪くなったら、とにかく体温を下げることが大切です。風通しの良い日陰やクーラーが効いている室内などへ移動し、すぐに体を冷やします。氷や冷たいおしぼりなどで脇の下や足のつけ根、首を冷やします。また冷たい水やお茶、スポーツドリンクを飲んで脱水状態と塩分バランスの改善も必要です。

●重症度の場合

病院で診察を受ける。
激しい頭痛、吐き気、体のだるさ、体に力が入らないといった症状があるようなら、内科で診察を受けましょう。
また、自力で水分の摂取ができないときや、呼びかけに対する反応がおかしかったり、けいれんを起こしたりしているような場合にはすぐに医療機関へ搬送する必要があります。
また、救急隊が到着するまでの間にも、できるだけ体の冷却を行うようにしましょう。


熱中症で病院に行った場合は保険が使えるかもしれません。
その記事はこちらです。

nishikihoken.hatenablog.com






■まとめ

ホントにこの時期は多いので、十分に対策をして元気に夏を乗り切りましょう。





渡部

カートラブルには自動車保険のロードサービスを!

f:id:nishikihoken:20170720194116j:plain

皆様こんにちは。
昨日、本州の関東から西側の広い範囲で梅雨明けが発表されました。
局地的な大雨はあったものの、今年は梅雨あったの?というぐらい空梅雨でしたね!
水不足や農作物の不作が心配されますね。

本日「7月20日」は「ビリヤードの日」です。
私も好きなゲームの日ということで書かせていただきます。
記念日の由来は1955年の今日、ビリヤード場を風俗営業法の規制の対象外とする法案が成立したことからきているようです。
何故、風営法?と思ったのですが、
今でこそ健全なスポーツとなっていますが、ビリヤード場などの遊技場は戦前から遊技場取締規則などによって規制を受けていました。ビリヤードは賭博行為や売春の温床になりやすいという理由があったのです。
しかし、ビリヤードを健全なスポーツにしようとした眞鍋儀十衆議員の尽力を尽くした結果、規制の対象外となりました。
ビリヤードに限らず、囲碁や将棋や射的など現在では当たり前になっているようなものも遊技場として定義され厳しい規制の対象となっていたのです。
今では気軽に遊べるゲームにこのような歴史があったのですね。



さて、学生の方々はそろそろ夏休みに入る時期ですが、夏と言えば車で遠出される方もいらっしゃるかと思います。
車でお出かけの際に自動車トラブルに見舞われたとき、皆様はどうされますか?
JAFを呼ぶ」と答える方も多いのではないでしょうか。

ほとんどの自動車保険にロードサービスが付帯されているのに、実際にカートラブルに見舞われたときにロードサービス業者に解決を依頼してしまうケースも多いようです。
何故でしょう?
ロードサービスを使ってしまうと等級が下がり、次回契約時の保険料が上がってしまう
自動車保険のロードサービスは対応する作業が限定されているのではないか
という間違った認識による不安からきているようです。

等級が下がるのは保険金が支払われる事故があった場合なので、ロードサービスを使用したことによって翌年の保険料が上がることはありません
作業の範囲についてですが、JAFの出動理由トップ10に挙がる作業内容(バッテリー上がり、パンク、落輪など)は自動車保険のロードサービスで対応しているものばかりです。つまり、日常的に発生するカートラブルは、ほぼ自動車保険だけで解決してしまうのです。

専門業者は入会金や年会費などの費用がかかりますが、自動車保険のロードサービスは自動車保険に加入していることで自動付帯されていますので、入会金などの費用はかかりません。
サービス拠点についても、各保険会社の提携修理工場から(365日24時間)出動しますので長時間お待たせすることはございません。

自動車保険のロードサービスは、専門業者のロードサービスと比較しても遜色のない体制を整えております。拠点数や無料レッカーの移送距離、高速・有料道路でのガス欠時給油サービスなどに的を絞れば、むしろ保険会社のロードサービスの方が条件が良い場合もあります。

ただし、保険会社によってサービス内容に多少違いがありますので注意が必要です。
どの保険会社もサービスメニューはほぼ同様ですが、無料レッカー移送の距離やガス欠時給油の条件などは保険会社によって様々です。
これからの時期、行楽地へお出かけの際に強い味方となりますので、現在ご加入中の代理店に問い合わせるなどしてサービス内容を確認しておきましょう。

大谷

祭りで怪我や死亡した場合どうなるの?

f:id:nishikihoken:20170718123353j:plain

こんにちは。

連日暑い日が続きますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

こう暑いと、冷たいのもばかり取ってしまって、体の調子がよくなかったりして大変です。

子供の時に「冷たいものばかり食べるとお腹を壊すよ」と言われたことはありませんか?
スーパーやデパートに行くとアイスなど、冷たい食品がたくさんおかれています。

冷たいものを暑い日に食べたくなることはよくありますよね。
しかし、冷たいものを食べすぎることは体に良いことだとはいえません。
アイスやジュースなど、冷たいものを食べすぎると体に悪い影響を与えます。

例えば、冷たいものを食べると、体が冷えるのは、直観的にも理解できます。
しかし、冷たいものが体に与える影響は、それだけに収まりません。
実は冷たいものを食べることは、全身の病気にも関係しています。

ですので、食べ物も温かいものを食べるのが理想的ですが、冷たいものを食べたら食後は温かいお茶を飲むなど、内蔵を温めることを心がけましょう。
身体を温めることは、代謝・免疫力UP、内臓の働きを良くする等々、キレイで健康でいるためには必要不可欠なことみたいです。





さて、夏と言えば「祭り」ですね。
東京近郊では夏祭りが多いイメージがありますがどうなんでしょうか。

今回はお祭りの主催者、見に行かれる方にお祭りの保険の事を書いてみようと思います。






■行事や祭りを催す主催者・お寺・神社に必要な保険とは?

お寺や神社で行われる行事や祭りなど、人がたくさん集まるイベントでは、予想もしなかったような事故が起こることもあります。
主催者側が保険で備えることができるリスクには以下のようなものがあります。

1.祭礼などの行事参加者のケガ

2.主催者に責任がある賠償事故

3.祭礼などの行事参加者のケガに備える

たとえば、神輿(みこし)や山車(だし)など特定の祭事の参加者のケガのリスクには、傷害保険や国内旅行保険で備えることができます。
お支払いただく保険料は行事参加者1名あたりの補償内容で計算し、参加人数に応じて算出します。

参加者の方がケガをされた際の入院や手術を補償し、万が一亡くなられた際には死亡保険金が支払われます。






■主催者(お寺・神社)に責任がある賠償事故に備える

・見学者用のテントが倒れて見学者がケガをした。

・施設の整備不良や管理不備などで参拝者がケガをした。

賠償責任保険は上記のような事故で、主催者であるお寺・神社が賠償責任を問われた場合に有効です。
以下の損害に対して保険金が支払われます。

・法律上の損害賠償金

・争訟費用

・損害防止軽減費用

・緊急措置費用

・協力費用

安全に十分備えたうえで、行事・お祭りの無事成功を祈願したいですね。





■まとめ

どこのお祭りもおそらくは保険加入をしています。
事故自体は非常に少ないですが、万が一の事故の場合は主催者側にお問い合わせをしてみると良いと思います。

怪我などないに越したことはないので、お出かけの際は十分に気を付けて楽しんでください。





渡部