読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦保険スタッフブログ

主に保険のポイント、お役立ち情報等を発信しています。尚、ブログは初心者の模様(笑)

【医療保険】病院で最近こんな患者さんが多いそうです。

f:id:nishikihoken:20170524152120j:plain

こんにちは。

だいぶ暑くなってきましたね。
30℃を超えて「夏日」「真夏日」を記録した地域も多かったようです。

この時期になると熱中症対策などの話題が多くなってきますが、こまめな水分補給など気を付けていきたいものです。




先日、医療機関関係の方からのお話で、入院の延長をお願いされるケースが多々あると伺いました。

面白そうな感じなので少し書いていきたいと思います。






■入院の延長を希望する人がいる

病院の入院をお願いして、医療保険の適用にしてもらいたいという魂胆ですね。
最近の医療保険では日帰り入院からお支払できる保険が主流ですが、昔に契約した保険ですと日帰り入院ではなく、3日入院しないとでないだとか、5日入院しないとでないとかの免責期間があるタイプのものがあります。
まさにこの免責期間のある保険に加入されている方が、こういった入院の延長を望むケースが多いようです。

本人からしたら、あと一日入院するかどうかで保険金がおりるかどうかなので、それはそうですよね。
なるべく持ち出しは少ない方がいいと考えるものですから、こういった方がいてもおかしくはないです。
当然、ゴネる方とかもいるでしょうが、問題外ですね。無理なら無理で即諦めましょう。





■病院側は早く退院させたい

基本、病院側は重患者の受け入れ態勢も整えておかなくてはならないので、治ったら即退院させる方針をとっているはずです。
国の方針がなるべく入院日数は短くするべきと言う方針なので、まっとうな病院はこの方針に従っているはずです。
この方針は06年に導入されたようです。

医療技術が進む昨今、昔に比べ入院一回当たりの日数も短くなっています。
これから先にかけてどんどん入院期間の短縮化が進んで行くことでしょう。





■昔と今との医療保険の違い

生命保険分野の医療保険は、近年、日帰り入院の対応の物が主流です。
つまりずっと見直しをしてこなかった方が冒頭の入院の延長を希望する人になっているのではないかと容易に想像ができました。

保険商品も常に改定が行われていて、時代に則した商品が、販売されることが多いです。
不必要なものを掛けているのは意味のないものですが、その時のトレンドに乗ることは非常に有効な事ではないでしょうか。

先進医療特約」というものがありますが、これも絶対につけるべき特約です。





■先進医療とは?

厚生労働省が認めた高度な医療技術です。

特定の大学病院などで研究・開発された難病などの新しい治療や手術などは、ある程度実績を積んで確立されると、厚生労働省に「先進医療」として認められます。

先進医療は、公的医療保険の対象にするかを評価する段階にある治療・手術などです。
評価の結果、公的医療保険の対象に移ったり、評価の対象から外れたり先進医療の内容は時とともに変化します。
2017年4月1日現在、先進医療は103種類となっています。

この先進医療に対して支払われるのが「先進医療特約」です。

自分が生きるか死ぬかの狭間の時に、お金の心配をして選択が狭くなるのは、自分だったら嫌だと思っています。
病院側もビジネスですから支払いができない人には受けさせてくれませんよね。世知辛い世の中だな…




■まとめ

総評と言うか素直に感じたのは、昔の契約のままにしていた人が揉めるケースが多いようなので、あくまで自己責任なんだと思います。

何の商品でも時代のニーズに合致するものが多いので、その時々で今の自分に必要なのかどうかを判断するべきで、もちろん必要でなければ加入しなければいいだけの話ですね。

医療保険加入しているけど中身を知らないって人は本当に要注意だと思います。
いざ我が身にふりかかってきた時に対応できるように、定期的に見直す必要があります。

とはいえ、保険の営業を嫌がる人が多いのも事実です。
それは、一部の会社?の営業の人たちや手法が、悪い噂を広めてるんだと思いますが。

まとめなのにまとまらないので簡潔に言うと、



医療保険を見直しましょう!(営業です。笑)







渡部

頼りになる特約のご紹介!

f:id:nishikihoken:20170519192607j:plain
皆様こんにちは。

5月も半ばを過ぎて沖縄地方では梅雨入りが発表されましたね。
あと2週間ほどで関東地方にも梅雨がやってきますが、毎年嫌だなぁと思いながらも、降るときにしっかり降ってもらわないと農作物等に影響がでてしまうということで我慢しましょう!

本日「5月19日」は「ボクシングの日」です。
1952年の今日、挑戦者の白井義男が世界フライ級チャンピオンのダド・マリノ(アメリカ)と対戦し判定の結果、勝利して日本人初のボクシング世界チャンピオンになりました。
これを記念して日本ボクシング協会が制定しました。
湯川秀樹博士のノーベル賞受賞、古橋廣之進選手の水泳自由形世界新記録と並んで、敗戦でショックを受けた日本人の心に希望の灯をともしました。
明日と明後日には世界タイトルマッチがなんと6試合も行われます。井上選手や八重樫選手などが出場します。
皆さんで応援しましょう!


さて、今回は自動車保険の特約で「弁護士費用特約」について書きたいと思います。

■自分が一切悪くない事故では保険が使えない!

当たり前のことですが、こちらに過失がなければ、保険は使わないというより使えないのです。
しかし、個人で相手方の保険会社と交渉にあたるとなると、肉体的・精神的にも参ってしまう場合があります。
そこで、便利な特約として「弁護士費用特約」があるわけですが、どんな時に役立つのか、いまひとつハッキリしませんよね?

自動車保険に加入していれば、事故の際には自分の保険会社の担当者が相手方と示談交渉にあたってくれます。しかし、すべての事故で示談交渉してくれるわけではないのです。

例えば「信号待ちで停車中に追突された」「駐車中に追突された」といった事故では、追突された側には一切の非はなく、相手側の過失が100%となります。
このとき、追突された被害者は自分の保険を使って示談交渉することができないのです。

それはなぜが?
自動車保険は基本的に事故相手の賠償に備えるためのものなので、相手への賠償が発生しない10:0の事故では、使いたくても使うことができないのです。

■100%の被害者になって、保険が使えないとどうなる?

自分の保険会社が示談に出て来られないとなると、加害者側(加害者本人や保険会社)と話をするのは被害者本人になります。
加害者側が誠意ある姿勢を見せ、納得のいく賠償金額を提示してくれれば問題はないのですが、なかには示談を進めない、非を認めないなどもケースもありえます。また、示談は進んでいるものの「相手の保険会社が信用できない」「損害の一部を認めてくれない」など困った状況になることもあります。
このような場合に泣き寝入りするしかないのでしょうか?

■専門家に依頼するとき、弁護士費用特約の出番

先に述べた「もらい事故」で被害者が困った状況にならないために登場したのが「弁護士費用特約」なのです。
弁護士費用特約だけを使った場合、ノーカウント事故となるので翌年の等級には影響がありません。

・弁護士費用特約
弁護士、司法書士行政書士への報酬や訴訟(仲裁・和解)に要する費用で300万円を限度に支払う特約

一般的な保険会社では上記のような内容になりますが、保険会社によって補償内容が異なる場合があるようです。

■弁護士に依頼する意味

保険会社の担当者のなかには「裁判していただいても結構です。判断は変わりません」といった強気の発言をする人もいます。
しかし、実際に弁護士に依頼して裁判をすると、損害額や慰謝料額が大幅にアップする事例も多々あります。
「もらい事故」「歩行中の事故」などの交通事故で被害に遭った時に頼りになる特約です。
是非、ご検討いただければと思います。

大谷

【郵便値上げ】52円切手から62円切手に値上げ

f:id:nishikihoken:20170516203946j:plain

こんにちは。

今年の6月から切手が値上げになるそうで先日から郵便局で62円切手が発売になりました。

www.sankei.com

値上げの発表は去年からされていたようですが、まったく知りませんでした。
考えてみれば、今時ハガキで郵便を出す人がどれだけいるのかなとも思います。

個人情報の観点からみても、DMくらいでしか利用する人がいないのではないかなとも思ったりします。
なによりメールやLINEの普及の影響も大きいのではないでしょうか。

f:id:nishikihoken:20170516200028j:plain

新62円切手ですが、

通常用がソメイヨシノ、慶弔用の2種類が梅文様と花文様で現在のデザインを踏襲した。ただ、ソメイヨシノの背景を緑からピンクに変更したほか、桜の花も大きくし、色合いを明るくした。慶弔用もそれぞれ明るい色調に変えた。

だそうです。
一番メインで使うであろう通常用の62円切手が華やかになった印象で良いですね。





これまでの値上げの履歴を調べてみました。






(参考1)主な郵便料金の推移

第一種(封書・定形25g まで)
昭和56. 1.20~ 60円
昭和56. 4. 1~ 60円
平成元. 4. 1~ 62円(消費税3%導入)
平成 6. 1.24~ 80円
平成 9. 4. 1~ 80円※ (消費税5%に引上げ)
平成26.4. 1~ 82円

第二種(葉書)
昭和56. 1.20~ 30円
昭和56. 4. 1~ 40円
平成元. 4. 1~ 41円 (消費税3%導入)
平成 6. 1.24~ 50円
平成 9. 4. 1~ 50円※ (消費税5%に引上げ)
平成26. 4. 1~ 52円

※平成9年4月1日からの消費税率5%への引上げ時は、消費税率引上げ分を経営努力により吸収し、郵便料金を
据え置いた。平成26 年4月1日からの消費税率引上げ分を郵便料金に転嫁する場合、平成6年以来の料金改定となる。

総務省告知>







これを見ると、50円、80円時代がすごく長かったんですね。
消費税率引上げ分を経営努力により吸収しという一文は是非これからも続けて頂きたいところです。

23年振りの値上げは消費税増税時を除いた場合の表記のようです。








保険業界でもどこの業界でも値上げが相次いでいますが、
社会全体でみるとやはりインフレが進んでいる印象ですね。









渡部