読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦保険スタッフブログ

主に保険のポイント、お役立ち情報等を発信しています。尚、ブログは初心者の模様(笑)

春の行楽シーズン海外旅行に行く時には海外旅行保険に入りましょう。

f:id:nishikihoken:20170418210849j:plain

こんにちは。

ニュースでは連日、北朝鮮のミサイル問題が多く取り上げられていて他に報道する事がないのかと問いたいところですが、
見ている中で、「北朝鮮がミサイルを打ってきたら保険は適用されるのか?」という記事を書いてみようと思いました。

しかし、すでにこういった記事はけっこうあり、内容も面白い感じだと思ったので、紹介します。


北朝鮮からミサイルが飛んできたら保険はおりるか | 亀甲来良の生命保険BLOG

もし、北朝鮮がミサイルを落としてきたら……保険は適用されるの? | ZUU online


結論はミサイルでは建物も人の補償もほぼ保険金はおりないでしょう。
こういった仮想の保険事故を想定するのは面白いと思うので違うケースを思いついたら記事にしたいと思います。






さて、ここから夏に向けて行楽シーズンでもあります。
旅行へ行かれる方も多いとは思いますが、旅行保険をご存知でしょうか。



海外旅行保険の必要性は?

海外旅行で事件に巻き込まれる日本人の報道をよく見聞きするようになりました。
安全に安心した海外旅行を楽しむために、海外旅行に潜むリスクの確認と、それに対する準備を行う必要があります。

いまや日本人の約7人に1人は海外旅行へ行く時代です。

法務省出入国管理統計 統計表(2015年)」によると、平成27年の日本人の出国者数は1621万人でした。
この出国者数は一定数で推移しています。単純計算ですが、1年間で日本人の7人のうち1人は海外に行っている計算になります。

40年~50年前であれば海外旅行は憧れの一つでしたが、今は、国内旅行と比べても旅行費用がお手頃な価格になっていることが理由の一つでしょう。
てるみ倶楽部はやり過ぎだったようですが…






■旅行先でのトラブルは増加傾向!

多くの日本人が海外旅行をすることがわかりましたが、海外は、日本国内と比べると治安や食事も含めた安全面などにおいて違いがあります。

外務省「2015年(平成27年)海外邦人援護統計」によると、総援護件数(日本の在外公館(日本大使館等)および財団法人交流協会が取り扱った事件・事故などの件数)は18013件(対前年比0.61%減)で過去10年において3番目に多くなっており、総援護人数は,20389人(対前年比1.63%減)と過去10年で最多となった2014年の次に多い人数となっています。
この約2万人の総援護人数は、仕事などで海外に駐在している方も含まれます。

海外旅行者のうち28人に1人の割合で何らかの事故に遭っているようです。
また、最も事故件数が多い補償項目は「治療・救援費用」の49.0%で、傷害・疾病治療費用、救援者費用、疾病応急治療・救援費用の補償が含まれています。
次に多いのが「携行品損害」の32.5%で、
3番目に多いのは「旅行事故緊急費用」の13.9%で、航空機遅延費用、航空機寄託手荷物遅延の補償が含まれています。
この上位3項目で全体の95.4%を占めるという結果になっています。


では、海外旅行保険の補償内容とは、どのようなものがあるのか見ておきましょう。


主な海外旅行保険の補償内容(一例)

傷害・疾病治療費用 … 旅行先でかかったケガや病気の治療費等のための補償

傷害死亡・後遺障害 … 旅行中のケガにより死亡した場合や、後遺障害が生じた場合のための補償

疾病死亡 … 旅行中の病気により死亡した場合のための補償

救援者費用 … 旅行中にケガや病気で入院し、家族が現地に駆けつけた場合の費用のための補償

賠償責任 … 旅行中に誤って他人にケガを負わせたり、他人の物を壊したりしたことにより、法律上の賠償責任を負った場合のための補償

携行品損害 … 旅行中に身の回りの持ち物が盗まれたり、壊れたりした場合のための補償

航空機遅延費用 … 航空機が遅れたために、予定していなかった宿泊代や食事代の負担が発生した場合のための補償

航空機寄託手荷物遅延等費用 … 航空会社に預けた手荷物の到着が遅れたことにより、着替えなどを購入した場合のための補償






■海外旅行に行くときは、海外旅行保険への加入を!

外務省のホームページにおいても、海外旅行保険への加入がすすめられています。
それだけ海外旅行先で何らかのトラブルに巻き込まれるおそれが多いからではないでしょうか。

「自分は大丈夫!」と、万全の注意を払っているつもりでも、その国の治安や風土により思わぬ事故やトラブルに巻き込まれる可能性もあります。
また、日頃は健康に問題がない場合でも、食事や風土の違いなどにより、予測していなかった病気になることもあります。

万一病気になった場合、日本国内のように、自己負担額がかかった医療費の3割負担で済むという訳にはいきません。
旅行先や治療内容によっては治療費が何十万円、何百万円といった高額になるケースもあります。

以上のように、海外旅行に行くときは、国内とは違い、いつどのようなトラブルに遭うかわからないということから、海外旅行保険に加入することをおすすめします。







渡部