読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦保険スタッフブログ

主に保険のポイント、お役立ち情報等を発信しています。尚、ブログは初心者の模様(笑)

保険金の請求期限にご注意を!

f:id:nishikihoken:20170417170925j:plain
皆様こんにちは。
ここ数日で一気に日中の気温が上がり東京では25℃前後にまでなっております。
先週まで強い寒気が...なんて天気予報で言っていたのがウソのようですね。
ここまで気温差が激しいと着るものの選択や体調が大変ですね!

本日「4月17日」は「恐竜の日」です。
1923(大正12)年の今日、アメリカの動物学者ロイ・チャップマン・アンドルーズさんが中国とモンゴルをまたいで広がるゴビ砂漠へ向けて中国北京を出発しました。
その後、彼は5年間で恐竜の卵の化石を25個発見しました。これは世界で初めての快挙となりました。
以来、本格的な恐竜の研究がスタートしたのです。

さて、皆様は損害保険の請求期限があることをご存知ですか?
自動車保険の場合は事故が起こったり、いたずらされていたりしたら保険のことが頭に浮かぶと思います。
火災保険でも火事になってしまった場合は同様だと思いますが、忘れがちなのが自然災害による損害です。
例えば、台風によって屋根が破損したが「風災危険補償特約」が付保されていることを忘れていて保険を使わず自費で直してしまったなんてケースをたまに耳にします。

■保険の請求期限は3年


保険の請求期限については保険法の第九十五条において、3年で時効と定められています。よって、過去3年より前の損害については保険金を請求することはできないのです。
しかし、実際のところ保険法とは別に各保険会社で請求期限が決められているところが多いので、約款等で確認するか、代理店に確認しておいた方が安心です。

約款には「事故発生の際には遅滞なく保険会社に連絡しなければいけない」と記載されているため、事故直後に報告しなければ保険金を請求することは出来ないと思われている方も多いようです。
確かに事故発生から時間が経てば経つほど事故との因果関係を立証しづらくなり、保険金が下りにくくなってしまいます。
ですが、約款に請求期限が記されている以上、その期間内でしたら請求をしてみても損はありません。
実際に2年前の災害による損害を請求して、損害が認められて保険金が下りたという事例もあります。


■修繕済みでも大丈夫


既に修繕を済ませてしまった後でも保険金を受け取ることは可能です。
元々得られるはずの保険金を請求するのですから修繕を済ませていても被害を受けていたことが立証できれば保険金は支払われます。請求するには下記のように証拠となる書類が必要になります。

・修繕工事を行う前と完工後の写真
・工事業者発行の工事見積書
・罹災証明書などの災害、事故を証明する書類

実際に受けた損害により必要書類は異なりますが、上記のような根拠書類が残っていれば当時の被害状況が確認できるので保険金が下りやすくなるかと思われます。被害直後の現場を残しておくのが最適ですが、このような証拠書類でも請求を行うための材料になります。


■保険金が支払われないケース


上で書いてきたように、自然災害等によって被害を受けてから3年以上経過している場合は、保険法により損害に関する請求権が時効になってしまいますので、保険金が支払われません。
この他にも火災保険では保険金が支払われないケースがいくつかあります。

①経年劣化
「経年劣化」とは年月とともに建物の老巧化が進んでいき、屋根や雨どいなどが破損や汚損していくことです。
自然災害や偶発的な損害でなければ、火災保険では補償されませんので注意が必要になります。

例え自然災害等によって受けた被害だったとしても、長い間破損箇所を放置していると経年劣化と判断される可能性があります。
破損箇所を放置してしまうと自然災害が原因なのか、それとも経年劣化なのか判断が難しくなり、結果的に保険金が下りないということになりかねません。

また、屋根や雨どいなどの破損を放置していると屋根の防水機能が低下しますので、最悪の場合、雨漏りが発生してしまいます。
大雪や台風などの後に破損した箇所を見つけた場合は、早めに修理することが大切です。

②重大な過失がある場合
「重大な過失」とは注意を払っておけば回避できた事故の原因を見過ごしたということです。
例えば、寝タバコや暖房器具の消し忘れなどですが、状況次第で保険金が下りる場合と下りない場合があるため、一概に下りませんとは言い切れません。

地震津波・噴火による損害
以前のブログでも少し触れましたが、火災保険では「地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする損害」は補償せれません。
地震・噴火・津波によって損害を受けた場合は「地震保険」のみ補償されます。
nishikihoken.hatenablog.com



このように、火災保険では損害や期限の理由によっては保険金が支払われないケースもありますので、気になる点や不安がある場合は代理店に相談することをおすすめします。

大谷