読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦保険スタッフブログ

主に保険のポイント、お役立ち情報等を発信しています。尚、ブログは初心者の模様(笑)

【火災保険】マンションドクター火災保険代理店の選び方

f:id:nishikihoken:20160927122434p:plain


こんにちは!




ここのところ、マンション総合保険、日新火災の「マンションドクター保険」に関する記事を書いてきましたが、

この保険は業界初、かつ独自の仕組みになっています。




マンションドクター火災保険はマンションの共用部分を取り巻くリスクを総合的に補償する、マンション管理組合向けの火災保険です。
業務提携する、一般社団法人日本マンション管理士会連合会が実施する「マンション管理適正化診断サービス」(無料)の結果に応じて保険料が決まります

マンション管理の専門家と連携し、管理の質に応じた保険料を実現した業界初の保険です。

他社では、給排水設備の水漏れ事故などの増加の影響を受けて、高経年マンション(築20年以上)のマンション総合保険の保険料の値上げをするケースが多い中、高経年であっても適切な管理が行われているマンションには、保険料が割安になる独自の仕組みを導入しています。






日新火災のマンション総合保険日新火災の「マンションドクター保険」代理店の選び方




●これは日新火災の代理店をしていることは、必須条件です。日新火災の代理店をしていないと「マンションドクター保険」を販売することが出来ません。仮に日新火災の保険代理店をしていない代理店がこの商品を販売していたら、保険業法的にアウトです。

●「マンションドクター保険」の商品内容を詳しく知っている代理店を探す。日新火災の代理店をしていても、まったく商品の知識がない代理店もあります。専業代理店(保険販売のみしている会社)が良いでしょう。不動産業者や管理会社等の兼業代理店(副業で保険代理店をしている)でも商品を深く理解している業者もあるとは思いますが、絶対的に数はそう多くはないと思います。
「マンションドクター保険」の知識がそこまでなくても、徹底的に調べ上げてくれる代理店だったらまだいいでしょう。専業代理店はそんな代理店さんが多くいるとおもいます。

●押し売りしてこない。こんなの当たり前の事ですがいまだに契約しないとなると急に態度が変わる代理店や営業マンも世の中にはいるそうです。そんな人間がいるなんて都市伝説だと、思っていました。



これらの代理店を探すときには日新火災のホームページから探してもいいでしょう。
どこの代理店が良いのかわからない場合は日新火災の支店に直接連絡して紹介してもらうのも、良い手段です。


日新火災の支店はどこの代理店がどの商品をどれだけ売ってるかを知っています。なので、商品知識がどの代理店が強いかも把握しています。
また、保険会社を通すことによって変な代理店を紹介されることもない為、安心できます。


この条件にあてはまる代理店が弊社、錦保険です。
特にどこの代理店とこだわりがないのであれば、是非一度、相談してみてはいかがでしょうか。






渡部