読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

錦保険スタッフブログ

主に保険のポイント、お役立ち情報等を発信しています。尚、ブログは初心者の模様(笑)

マンションドクター火災保険契約者様の喜びの声!

f:id:nishikihoken:20160921155338j:plain皆様こんにちは
今日は先日取り上げました「マンションドグター火災保険」の実際のご契約事例を一部紹介したいと思います。

●東京都多摩市の某マンション(築30年)

最初にご連絡をいただいた時は満期が8ヶ月先だったこともあり、気軽な問い合わせという感じでした。
実際、保険満期のことを考える時期というのは、満期案内が届いた辺りが一般的ではあると思いますが、こちらの管理組合様は「メンテナンス状況で保険料が割引」というフレーズに興味を持っていただき、ご連絡をいただきました。
マンション診断をしてみると、やはりメンテナンスをしっかりされてることもあり現在の保険料よりも安く提案することができました。
数か月後、満期案内が届いたとの連絡があり、やはり現在よりも大幅に高い見積りが届いたとのことでした。
保険料に差が出たこともあり大変喜んでいただきました。


●東京都国分寺市の某マンション(築34年)

担当者様は築年数で保険料が高くなることは仕方ないことだと考えていたところ、私共のチラシを見てご連絡をしてみたとのことでした。
一昨年、給排水設備の工事をしたこともあり、保険料を3割弱削減することができました。
保険に関しては難しくて任せっきりだったとのことでしたが、一本連絡することにより保険料を安くすることが出来たと喜んでいただきました。


●東京都西東京市の某マンション(築36年)
去年、大規模修繕工事を行ったということもあり、メンテナンス状況には自信があるが保険料が非常に上がっているという悩みをお持ちで、予算の関係上、保険料を極力抑えたいとの要望がありました。
最初は診断サービスを受けること難色を示しておりましたが、今のマンションの状態を専門家に診てもらうことで安心できるのでは?ということで診断を受けていただきました。
見事にこの商品のコンセプトに合致したこともあり、結果は見事に高評化で保険料に大変ご満足をいただきました。


マンションドクター火災保険の特性はマンション管理適正化診断サービスを受けることにより今のマンションの状態を把握することが出来ます
マンションの状態を把握することにより、マンションの管理水準の維持向上の参考すること出来ます。
そして、築年数だけで判断される保険料とは違い、メンテナンスをしっかりすることによりリスクを軽減しているマンションに適正な保険料をご提供することができるのです。


このように多くのマンション管理組合様から喜びの声をいただいております。
満期が半年、一年先という方もこの「築年数だけでなく、メンテナンス状況で保険料が変わる」というフレーズが気になった管理組合の方は是非、ご連絡をいただければと思います。

大谷